サイト内検索 ネット検索

センター長挨拶

センター長 武田 全康

物質科学研究センターは,日本原子力研究開発機構(原子力機構)が所有する中性子と放射光などを使った先端的な微視的構造・機能解析ツールを駆使し,原子力科学,原子力利用に資する物質・材料科学研究を推進することを目的として,平成28年4月1日に量子ビーム応用研究センターを改組して生まれました.

当研究センターでは,研究開発方針として下記のような3つの大きな柱を立てています.

  • 中性子や放射光を用いた先端分析技術を開発・高度化し,それらによって物質の微視的構造と機能の相関を解明し,幅広い科学技術・学術分野における革新的成果・シーズを自らが創出する
  • 中性子と放射光の相補利用を推進し,次世代を担う革新的な原子力材料(原子炉構造材,水素再結合触媒,アクチノイド分離剤等)を始めとする機能性材料開発に資する
  • 原子力基礎工学研究や先端原子力研究,福島復興研究等に対し,先端分析技術によって得られる新たな知見を提供することで,当該研究の推進を加速する

当研究センターは,茨城県那珂郡東海村にある原子力科学研究所の研究用原子炉JRR-3と兵庫県佐用郡佐用町にある大型放射光施設(SPring-8)に,それぞれ中性子と放射光を利用した微視的構造解析装置を所有し,それらの維持・高度化を行うだけでなく,その両者において放射性物質を取り扱うことのできる設備及び知識と技術も有しています.これは,国内の他の研究組織が持たない当研究センターの大きな特徴です.また,中性子と放射光実験装置の相補利用を積極的に推進する枠組みを発展させるとともに,中性子利用及び放射光利用を専門とする研究者が,お互いの強味を活かして連携することで,原子力科学分野,物質・材料科学分野における我が国の国際的な研究競争力の維持や優秀な研究者の育成に一体的に貢献できる組織体制を取っています.

なお,平成28年4月1日付けで量子科学技術研究開発機構(量研機構)が発足し,これまで原子力機構で行ってきた量子ビーム応用研究業務と施設の一部が原子力機構から量研機構に移管されましたが,研究用原子炉JRR-3及びSPring-8に原子力機構が設置した,SPring-8内で唯一放射性物質等を扱うことのできる実験装置が設置されている放射化物実験棟(RI実験棟)は引き続き原子力機構が運用していくことになります.また,大強度陽子加速器施設(J-PARC)の一部である世界最高強度を誇るパルス中性子源を有する物質・生命科学実験施設(MLF:Material and Life Science Experimental Facility)も,これまで通り,原子力機構と高エネルギー加速器研究機構が共同で運営いたします.これらの原子力機構の施設及び最先端分析装置と,これまでに培った国際的な研究ネットワークを活かし,上記に掲げた大きな柱で研究開発を行ってまいります.

今後とも皆様方のより一層のご理解・ご支援を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます.

平成28年4月1日
センター長 武田 全康

Copyright © Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.